釣りに関する情報が満載!

エキサイトフィッシング

エサによる釣りの大きな利点は目が離せる時間が増える事

エサ釣りの最大の長所は、それ自体が本物である為、ルアーを始めとして、常に魚に見切られない様アクションを加え続けなければならないという事も無く、殆ど何もせず待ちに徹していれば良いという点にあります。
これは特に堤防や釣り公園におけるファミリーフィッシングをする際のメリットとしても際立ってきます。
なぜなら保護者が釣りだけに集中する訳にはいかず、様々な子供の世話を並行してこなさねばならないからです。
エサを利用していれば、置き竿のままある程度の時間目を離し、その間子供の世話をしていても案外大丈夫なものですし、ルアーのキャストを始めとして、子供にフックの危険が及ぶ割合もずっと少ないものなのです。
ただし問題として浮上するのが、一部のエサがグロテスクであるという事です。
特にイソメの仲間は子供や女性に嫌われ易く、これをフックに付けるのは主に男性である父親の役目となります。
現在では匂い付きの人工餌が開発・販売されており、これらが苦手な子供や女性も取っつき易く、ファミリーでの釣行に大きな利便性をもたらしています。

釣りエサの種類と選び方のポイントについて

釣りに使用するエサは種類が豊富で、目的の魚が好む物を選ぶことが大切です。
エサは専門店やホームセンターなどで購入することが可能ですが、同じ原材料でもメーカーによって匂いや味付けが異なるので予め評判を調べておくように心がけます。
また、製品によっては常に低温で保存する必要があるので取り扱いは慎重に行います。
特に生きた虫を使用する場合は容器の中で成長して釣りに使用できなくなることがあるので注意します。
使用後に余った場合はそのまま放置すると腐敗して魚も近づかないので適切な方法で処分します。
対象の魚によっては自作のエサを使用する方法もありますが、常に適切な原材料が入手できるとは限らないので特に初心者の場合は市販の製品を使用するのが賢明です。
釣りを行う際には針に仕掛ける物の他に魚をおびき寄せるための撒き餌を使用することがあります。
撒き餌は強い匂いで魚を引き寄せる効果がある一方で使いすぎると環境汚染に繋がることもあるので適量を守ることが社会的なマナーです。

recommend


テーブルコーディネート


2020/5/22 更新

△ページTOP